HOME > 製品紹介 > 焼却炉> 耐火材

耐火材

より高強度で、より長持ちする耐火材 ・2012年2月21日

素材へのこだわり

温度・湿度といった気候条件が一つ変わるだけで、耐火材の仕上がりは変化します。そこで耐火材メーカと共同開発を行うことで、気候に応じた材料成分の調整を行い、これにより仕上がり品質のばらつきを防いでいます。

施工法へのこだわり

独自の施工手法(凝固速度の一定化 等)により強度のアップを図ると共に、含水率や手順を徹底管理することで耐火材の品質を安定させています。

仕上げへのこだわり

施工後間もない耐火材はまだまだ水分を含んでいます。この状態で焼却炉の運転を行うと、急激な温度上昇により耐火材を痛めてしまいます。
これを防ぎ、より高い品質で皆様に使って頂けるようにサンフレムでは仕上げに4時間の乾燥焚きを行っています。

耐火材をより長持ちさせる為に

焼却炉の耐火材は運転時の不燃物を掃除せずに放置すると、腐食し滑落してしまいます。
少しでも長持ちさせるためには、小まめに炉内の掃除を行うことを推奨します。
また、万が一耐火材が損傷した場合には、補修作業も承っています。
全面補修であれば3~4日間で、修繕ドック入渠時以外に港での停泊中にも作業を行うことが可能です。