HOME > 会社紹介> 沿革

沿革

サンフレムの沿革 ・2012年3月 8日

1968 「大阪サンフレム株式会社」をオイルバーナメンテナンス会社として設立
1969 オイルバーナの製造を開始、メーカーへ転身
1972 廃油焼却炉の製造開始
1980 高性能ロータリーカップバーナ「SSR型」「R型」を開発・販売開始
1982 「株式会社サンフレム」と改称、京都に自社工場購入
1998 業容拡大により京都久御山町に自社工場建設
2001 ダイレクトドライブのロータリーカップバーナ「SDR型」を開発・販売開始
2005 ISO 9001をNKにて取得 /業容拡大により現在地に本社・工場を移転
2006 VLCC用の大型ボイラー向け制御を開発し出荷
2008 ダイレクトドライブの大型ロータリーカップバーナ「SDR-1500」を開発・販売開始
グラフィカル・タッチパネルを搭載した新燃焼制御システムを開発・販売開始
2009 水エマルジョン燃焼システム「ECS」を発表
ダイレクトドライブの中型ロータリーカップバーナ「SDR-350/500/700」を開発・販売開始
2014 LNG燃料に対応する、ガス/油併用焚きバーナ「SDR-G型シリーズ」を開発
テスト設備を拡充するべく、本社工場を拡張
焼却炉用新耐火材セラミックボードを開発・販売開始
2016 ロギング機能、ネットワーク機能を搭載した次世代制御システムを開発
2017 MGO/HFO自動切換機能を開発・販売開始
2018 ボイラ空焚き防止抑制をテーマにレベルセンサー検査機能と焚上げサポート機能をユーザー様と開発
SDR-G型ガス/油併用焚きバーナ一号機を受注(2019年出荷)