HOME > アフターサービス> 機器のアップグレード

機器のアップグレード

機器のアップグレード ・2012年2月22日

「直すだけ」がサービスではありません

燃料費の高騰、環境規制の厳格化。取り巻く環境が 刻々と変化を続ける海運業界では、運航上のニーズも目まぐるしいスピードで変わっていきます。10年前に搭載された機器では、現在のニーズに応えることはできません。しかし、メーカーとして私達にはできることがあります。従来機器のアップグレード。これにより、今必要とされることにサンフレムは応えていきます。

燃費とSOxを7.4%削減。 NOx を40%、COを 50%削減(※テスト船での実験値)。 エマルジョン燃焼システムは燃費性能と環境性能を向上させます。 現在当社ロータリカップバーナをご使用ならば、取り付けることが可能です。詳しくはこちら

エマルジョン燃焼システム(ECS)

ボイラの燃料消費を抑制するオプションです。 このアップデートを行うことで最低燃焼量を引き下げ、ターンダウン比を拡大します。 これによりボイラの運転に合わせた燃焼量の最適化が可能となり、低燃費運転を実現します。

ターンダウン比拡大

船員のユーザビリティ上昇の為の製品、それがグラフィック・タッチパネル制御盤です。タッチパネルの採用など、運転状況を可視化することでどんな方にもバーナを正しくお使いいただけます。就航済みの機器にも搭載することができます。詳しくはこちら

タッチパネル式制御盤への換装

現在、硫黄酸化物排出制限地域(SECA)でMGO燃料の使用が義務付けられたことで、HFOとMGOを海域によって使い分ける必要が迫られています。サンフレムでは、改造を施すことで当社従来機器でのMGO燃焼をサポートすると共に、MGOの運用に適した、ロータリカップバーナへの換装も承っております。詳しくはこちら

MGO燃料対応改造